お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

キノコ村の「キノコづくり」について

 

 

1.元気なキノコは、元気な種菌から

 

 

植物にたとえると、種子にあたる、キノコの“種菌”。 キノコ村では、種菌の育成や選抜を社内で行い、活力のある最適な状態の種菌(=元気の良い種菌)をもとにして、キノコを育てています。


 

          

         コンテナにならんでいる種菌。

         ボトルの中で、キノコの菌糸が

         すくすく育っています。

         

 

 

 

2.キノコの持ち味を引き出す培地作り

 

 

畑にたとえると土壌にあたるのが、菌を植え付ける“培地”です。キノコはここから養分を取り込んで、すくすくと成長していきます。キノコ村では、おがくずや米ぬかを主体とする培地で、キノコを育てています。現在主流となりつつある、コーンコブ(とうもろこしの芯の粉砕物)は不使用です。



          

          定期的に検査を行い、品質管理

         されたおがくず。

 

 

 

収量面からいうと、けっして効率の良いやり方ではないのですが、安心して食べていただける、本来の“おいしさ”を持つキノコに育てるためには、より良い方法かと思います。そのほか、培地やキノコに関して、遺伝子組み換え作物由来の資材や、農薬、化学薬品等は使用せずに栽培しています。(栽培後の培地は堆肥化され、周辺の農家さんの畑や、小学校の花壇などで有効利用されています。) 

 

 

 

 

3.信州のフレッシュな空気と水を吸収して、伸びやかに成長

 

 

しっかりとした、おいしいキノコを育てるためには、新鮮な空気やきれいな水が不可欠です。キノコ村は、山々や田畑に囲まれた信州・すざかの山里に農場があり、豊かな自然環境の恩恵を授かりながら、キノコを育てています。

 


         

         時折、サル、イノシシ、キツネ、

         ウサギなどが顔を出す、自然に

         囲まれた環境です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カスタマーレビュー

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
201912
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
20201
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 今日    定休日    イベント